今回制作した過疎高齢化のイラストとは?

テレビ番組用として「社会問題提起」のコーナーで使用するためのイラストをご依頼いただきました。
「住民の安全が脅かされる事態に陥っている現状を問題提起」するためのご依頼でした。

安全が脅かされるような事態・・・地方では田畑が放置されて荒れ放題な状態であることをご存じですか?

地方を悩ませているのは、深刻な人手不足。

地方では、住人の高齢化によって人口が減りつつあり、田畑のメンテナンスが行き届かない状態にあります。
人手の行き届かない荒れた田畑が自然に還り、熊などの危険な野生動物が住宅地にまで出没するようになりました。
地方がそういった危険な状況に脅かされていることを視覚的に伝えるためのイラスト制作でした。

イラストはテレビの放送で非常に多く使われています。意識して見てみるとそのイラストの数に驚かれるはずです。
文字だけでは文字を認識し、読むという処理が必要ですが、イラストは一目で伝えたい情報を伝えられる最高の情報伝達ツールです。

制作に当たって意識した2つのコト

「わかりやすく情報を伝えるにはどうすればいいか」を最初に考えました。
今回制作したイラストは下記の3つの要素で構成されています。

  • 地方の風景
  • 野生動物(熊)
  • 住民

それぞれの要素に対してどのような表現を与えるか?がスタジオスパロウに求められました。制作にあたって意識した2つのことを紹介します。

風景で全体をリアルな雰囲気にし、問題提起を連想させる緊張感と危機感を

風景は、クライアント様から制作実績に載せている「街イラスト」タッチで制作して欲しいとの要望でした。
社会問題についてのイラストなので、そのご要望を取り入れながら、全体的に「リアルな雰囲気」にしました。

硬くなりがちなリアルなイラストを柔らかくするための工夫

社会問題のイラストはリアル感を与えつつ、嫌悪感や圧迫感を視聴者へ与えない工夫が必要です。一歩間違えたら嫌悪感を与えてしまうからです。

そこでスタジオスパロウが意識したのが「綺麗なリアル感」
熊はリアル系ながらあまり怖くないようなタッチ。人物は顔のみのキャラクター的表現にし、風景に対して人物は少々かわいい感じに仕上げました。

人物の表情がわかりやすく表現され、風景にある危機的なリアル感とは対称的なかわいいイラストで全体のバランスを取りました。
全体的にリアル感がありながら、どなたにでも受け入れていただけるタッチになっています。
放送では、編集でレイヤーを動かしアニメーションを付けていただいています。
納期2日でした。

硬い内容でもソフトにわかりやすく!バランスの取れたイラスト制作が可能です

硬い内容をソフトにわかりやすくするために、イラストは最高のツールです。
しっかりとしたタッチの背景イラストを生かした画面構成をスタジオ スパロウは得意としております。
お気軽にお問い合わせ下さい。