不動産会社様からのご依頼で2LDK・ワンルームの間取り図を制作しました。

普通の間取り図ではなくて、他にはない価値をイラストに加えました。

こんな間取り図、見たことない!と思っていただけるようなイラストです。

制作にあたって意識したことを紹介します。

見ていて楽しい、暮らしの夢が広がるイラストです

普通の間取り図でも良いのですが、どうせならなにか他とは違った要素を加えたい。

最初に意識するべきこととして大切なのがイラスト全体の雰囲気作り。今回は以下の雰囲気をイラストに込めました。

・手描き

・ゆるくて温かい

雰囲気が決まれば、そのイラストで伝えたいことの方針がはっきりします。

イラストはその視覚的効果から何かを伝えることが大切です。

情報量が多いのに、見やすいイラストなワケとは?

今回制作した間取り図は一枚のイラストで部屋のすべての情報がわかるようになっています。(部屋の使い方や家具の配置、部屋の特徴から特典まで)

さらに、部屋の情報だけでなく、暮らし方のアイデアまで盛り込みました。

そのお部屋を借りようと思っているお客様にはいろんな人がいます。女性、男性、カップル、ファミリーなど住まい方や年齢など様々。そういったたくさんのお客様に対して、部屋の魅力を伝えるには、やはり情報量の多さが大切です。

通常、情報量が多くなればなるほど、見づらくなりますし、デザイン的に破綻してしまいます。

いかに情報量と見やすさを両立させるか?

が今回の最大のテーマでした。

冒頭で説明した手描きのゆるい雰囲気作りが、情報量の多さで本来犠牲になるはずの見やすさを維持しています。

例えば、吹き出しは視覚的に楽しめますし、重要なところは色を付けて強調するなど情報量と見やすさの両立にこだわりました。

情報量が多いですから、この部屋に住んだときのことが思い浮かびます。イラストを見るだけその部屋で暮らしている姿が想像できる。そんな夢のあるイラスト制作を心がけました。

ターゲットを意識したイラスト制作ならお任せ下さい!

今回は不動産会社様向けのイラストでした。不動産を購入される場合、決定権は女性(奥様に)あることが多いため、女性好みのかわいい感じのイラストが求められました。

見やすさや情報量だけでなく、ターゲットの立場に立ったイラスト制作がスタジオスパロウでは可能です。お気軽にお問い合わせ下さい!

mailto:sparrow@st-sparrow.com電話でのご相談お問い合せ